« 食から耕す未来と文化① | トップページ | 2月の教室 »

2012年2月13日 (月)

食から耕す未来と文化②

二日目はイタリア味覚教育センターによる

「味覚教育教師養成講座」に参加。

◆基本味の判別、

◆匂いの判別では 7種を実際に1回だけ強く嗅いで

臭覚を最大限働かせ何の匂いかシートに記入。

Hisako

古城の見学に行ったときの匂い?

え~!何の匂い!!一番からハテナ??

エッセンスオイルの香りは通常よりかなり

濃いので判別が難しい。

答えは杉、なるほど 古い木造の建物の

香りは 杉でした。

昨日も子供たちが 蜂蜜の香りの判別に

苦労して、栗の蜂蜜の香りは「動物の匂い」

「渋谷の匂い」などと表現していましたが

香りからのイメージは意外にも難しいものでした。

そのほか 嗜好テストなどもあり 人の視覚と

味の関係なども大変参考になりました。

今後の活動の中で大変役立つ内容を学べ

充実した二日間となりました。

この講座のご案内を下さた この企画立案者Aさんに

感謝。写真もありがとうございました。

P2130939

P2130930

Ruizasann

« 食から耕す未来と文化① | トップページ | 2月の教室 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食から耕す未来と文化②:

« 食から耕す未来と文化① | トップページ | 2月の教室 »